乗り合いも屋形船の楽しみ

失敗しない屋形船の選び方

失敗しない屋形船の選び方

屋形船を選ぶ際には、まずどこまでが基本料金に含まれているかを確認するのが鉄則です。
例えば屋形船の中での食事提供までは、どこの業者でも基本的なサービスに含まれています。
しかし船の上から風景について説明してくれるコンパニオンの有無や、最寄り駅までの送迎があるかなどのサービスは、業者によっては追加料金が発生するケースがあります。
失敗しない選び方としては、自分が希望するサービスを受けても納得できる料金設定かどうかを見極めることでしょう。
またサービスとは少し違いますが、屋形船によっては食事スタイルが違う点も気を付けたいポイントです。
一般的に屋形船には座敷スタイルしかないと思われていますが、実際はテーブルスタイルのものも存在します。
若い世代の人が中心の集まりなら、座敷スタイルよりもテーブルスタイルのほうが気楽に楽しめるでしょうし、年配の人が中心なら、雰囲気を満喫できる座敷スタイルが好まれる傾向があります。
参加する人の傾向に合わせて食事スタイルを決めるのも、失敗しないコツです。

屋形船の種類

屋形船の種類 屋形船には利用の目的によって様々な種類があります。
まずは貸切屋形船です。
貸切の場合は船の大きさによっても異なりますが、10人~40人程度の大人数で利用する際に適しています。
忘年会、新年会などの宴会各種、また花火大会などのイベント時には貸切での利用が適しています。
運営会社によってはオプションでコンパニオンやお琴などの伝統芸能を楽しむことができます。
少人数で利用する場合は乗り合い屋形船を利用すると良いでしょう。
これは1隻の船に様々なグループが乗り合わせるスタイルで、料理や雰囲気を感じることができます。
また席さえ確保できれば気軽に利用できるのもメリットです。
もう一つの種類としてはイベント屋形船というものがあります。
これは各運営会社が開催される行事に沿って運航されるもので、お座芸能や落語などのイベントがあります。
こちらも少人数での参加が適しており、運営会社によっては1人で参加可能な場合もあります。

新着情報

◎2017/10/20

忘年会が盛り上がる
の情報を更新しました。

◎2017/8/18

カラオケを楽しもう!
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

花火が見える屋形船
の情報を更新しました。

◎2017/4/27

屋形船で合コン
の情報を更新しました。

◎2017/2/27

屋形船で楽しい時間を
の情報を更新しました。

「船 選ぶ」
に関連するツイート
Twitter

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

「空気を読む」という行為には1ミリの価値もない 大切なのは たくさんの人が乗っている選ぶことではなくて、が目的地に着くこと。 その時、時に小さい方のを選んで 「こっちの方が目的地に着くし、なんてったって面白いよ」 と声をあげる“空気をよまない人”でありたいなと思っとります

Twitter≡西野亮廣非公式bot@nishinofun_bot

返信 リツイート 18:05

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

「地球が滅びてが一艘あるの。自分の他に馬と孔雀と虎と羊、その中からたったひとつを選んで乗せていいとしたら、あんたはどれを選ぶ?」突然の問いかけに戸惑いながら、士郎がとぎれとぎれに言う。「世界が滅んだら」「………」「きっと僕は……に乗らない」――第1章 p34 まりあ心理テスト

Twitterこの世の果てBOT@konoyonohateBOT

返信 リツイート 14:07

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…

RT @INOUE_MASAHITO: ちなみに私の祖父は艦長で、沈んだは回収されておらず遺品はない。そのことは当時から分かりきっていたことなので、手違いで他の人の遺品が送られてくることなどはない。遺品を選ぶ担当者も、何を艦長の遺品とするのが相応か考えただろう。担当者が仕事に…